So-net無料ブログ作成

青い麦 [book]


青い麦 (新潮文庫)

青い麦 (新潮文庫)

  • 作者: コレット
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1967/06
  • メディア: 文庫



初めて読んだお話。

まず第一に思ったのは「これは中学生の時に読みたかった!」っつーことだ。
なぜなら、フランスの16歳の少年とと15歳の少女のお話だから

話の内容はまぁそこそこ(ヲイッ!何様だよ?!)なんだけど、今回は「日本語訳」に注目して読んでみたのだった。
堀口大學の訳はたしかに言葉が美しい (^^)
ちょっと古い感じだけど、景色の描写なんかは絶品!

ランボーの詩集持ってたけど、たしかその訳も堀口大學だった気がする

外国文学を原書で読む力が無いので、訳したものを楽しませてもらってるんだけど、やっぱ読みやすいとか、好き嫌いとかあるからね~


どんどん本を読もう!!
青空文庫で「坊ちゃん」読んだら面白かったよ♪(今更)





タオのプーさん [book]


タオのプーさん

タオのプーさん

  • 作者: ベンジャミン・ホフ
  • 出版社/メーカー: 平河出版社
  • 発売日: 1989/02
  • メディア: 単行本



深く考えずに読んでみたら 宗教の本でありました ( ̄▽ ̄;)

ってゆーか、タイトルで気づかなかった自分が残念であります・・・_| ̄|○

タオイズムって道教のことだった。
「道」のコト「タオ」っていうのは 知ってたけど、「タオのプーさん」がソレだったとは!!

ってことは気にせず、読み始める。(淡々と)

ところどころ出てくるプーやイーヨーに ちょっと惑わされながらも 意外と楽しくスルスル読めた。

多分 アタシに「どの宗教の素養も殆ど無い」からじゃないかと思った。
実家もこの家も 仏教で葬儀を行うし仏壇もあるけど アタシ自身は「仏教徒だ!」って意識はないし、かといってキリスト教・ユダヤ教・イスラム教などは もっと遠い存在だし・・・
そう思うとやっぱ仏教徒かも。。。くらいなノリなのだ。

んで、道教についてのアタシの知識。
老子。陰陽のマーク。穏やかそうなイメージ。こんな感じ(^_^;) コドモ?

作中に出てくる くまのプーさんと大差ない自分に ややガッカリしながらも タオイズムについて少しづつ理解をすすめて行ける構成。

宗教がテーマだけに 観念的な表現に終始しそうなので、気に入ったフレーズを書き留めておくことにする。

どんなものにもそれなりの場と働きがあるということだ。それは人間にもあてはまる。《中略》自分自身の〈内なる自然〉を知り、それを尊重すれば、自分のいるべきところがわかる。自分のいるべきでないところもわかる。あるひとにとっては栄養になるものが、ほかのひとには毒になることもめずらしくないし、ひとによってはめくるめくばかりわくわくすることが、ほかのひとには危険な罠になることだってある。



遅かれ早かれ、ぼくたちはなにか自分自身について気にくわないところを見つける。でも、気づいてしまえば、それをどうしたいのか、決めることができる。あとかたなく消してしまいたいのか、ほかのものに変えたいのか、それとも有効に利用したいのか?あとのふたつのやり方が、多くの場合とくに役に立つ。正面衝突を避けられるから、悩みも最小限ですむのだ。また、こうして変化した性質は、自分を助けてくれるもののリストに加えることができる。



自分の人生の舵を取り、永続的な価値あるものを達成するには、遅かれ早かれ、信じることを学ぶ必要がある。なんらかの神格化された精神的スーパーマンに自分の責任を転嫁しろというのでも、じっと座って運命がドアをノックするのを待てというのでもない。自分の内なる力を信じて、その力を使う必要があるというだけのことだ。それをやって、他人のまねや競争をやめれば、ものごとが自分のために働きはじめる。



「知識を獲得すれば、日々ものが増え、知恵に到達すれば、日々ものが減る」



ほかにも色々あるけど、まぁこんな ↑ ↑ 感じ。

「ほぅ!」って思いながら 楽しく読めました♪(^○^)


タオイズム、道教。今までより だいぶ身近に感じるようになっただけでも 収穫かな。

楽しい本でした♪ (^○^) 




きみがつらいのは、まだあきらめていないから [book]

きみがつらいのは、まだあきらめていないから (角川文庫)
きみがつらいのは、まだあきらめていないから (角川文庫) 作者: 盛田 隆二 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2011/10/25 メディア: 文庫


レベル48に達した記念に読書ノートつけることにしてみる。

短編集。それぞれの主人公は様々な問題を抱えていて、それでも生きていく様子が描かれている。
決して「前向きにがんばって進んで成功を!」ってな話ではなく、一日づつをこなしていく感じが描かれている。
「こんな状態で淡々と過ごせるものなのかなぁ?」って思ってしまう話も多く自分とはあまりリンクしないし、「へぇ~」って思うにとどまるのみのお話もあった。
男と女って・・・こーゆー感じなのか?女性にしては情緒面での反応が一般的ではない自分には「ちょっとキモイ」って思える話が多かった。

ただ、タイトルの言葉の使われ方は、想像を超えたものであり、「そんな風に考えることが出来たら・・・いいのかもしれない」と思わされたのは確か。

諦めたら終わってしまう・・・
安西先生も仰ってました「私だけかね…? まだ勝てると思っているのは……… あきらめる? あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」って。。。

って、スラムダンクに出てくるキャラの話で〆るあたりが アタシクオリティ。Yeah!!!




楡周平 大好き♪ [book]


再生巨流 (新潮文庫)

再生巨流 (新潮文庫)

  • 作者: 楡 周平
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 文庫


クゲユキ侯が古本屋さんで100円で購入した本。
「面白かったよ~♪ 読んでみたら?」って勧めてくれたので読んだ。

楡周平の作品は大好き!
お友達が読み終わったからってくれた(!)「Cの福音」を読んで以来のファンだ。
ダークヒーロー朝倉恭介超カッコイイし!!

「ガリバー・パニック」とか「青狼記」とかの不思議系も読んだけど、やっぱ経済小説系がいいね!
それぞれの企業のモデルがわかるだけに、すごい取材したのかなぁって思わせる
発想が繋がり、形になり、プロジェクトが進んでいく様子は、ドキドキ感もあって、とても興味深い。

ちょっと「下町ロケット」にも通じるような感覚・・・
何だろう? 読んだ後、元気が出る感じ???


頭痛でデートキャンセルして 本読んでる自分にびっくり!( ̄□ ̄;)!!





今月の課題 [book]

2012 03 17_0903-001.jpg

両端の2冊、クゲユキ侯から読むこと推奨されたので、今月読む本として認定。
「マヂで直観でわかるん???」と興味津々。


真ん中のはアタシがずっと以前から持ってる本。

三角関数が苦手で、未だ1~2/年 苦しむ夢を見たりする人生を歩み続けているアタシ。

人生において三角関数ほど理解できなくて、「公式に当てはめた結果『答えが正解』」状態であっても、「自分が何を答えているのかわからない状態」だったショックは大きくて忘れられない。

周囲のみんなは解ってそうに見えたから、自分だけ取り残された感が半端なくて・・・


もっと端的に言えば、自分が明らかに落ちこぼれていく瞬間を自覚した感じ。。。
「ついていけない自分」に気付いて、すっげー淋しくて・・・情けなくて・・・

そして、何よりも、「答えが合ってる」=「正解」ってとこまではなんとか猿真似で到達した以降も、「やっぱり何をやってるのかワカラン」ってのが辛かった。

「理解する力が不足してる自分」を認めるのが嫌だった。
(一応正解してたりするから、自分でもワケがわからない)

そんなまま生き続けているせいか、たまーに物凄く嫌な夢をみるのだ。

三角関数で苦しむ夢。。。_| ̄|○


多分、勉強しなければ一生あの夢、見るんだろーなー(TДT|||)(TДT|||)(TДT|||)


夢を見たあとは、「勉強しよう!」と思う。
んで、この真ん中の本を持ってるんだけど、いつも途中で挫折。


途中ってゆーか、最初の方、つまりピタゴラスの定理から思い出して、1:1:√2とか、3:4:5とか、√(無理数)って何とか・・・ここらへんまでは何とかついていける。

っで、三角比だ!

sinとcosは なんとか解るんだけど、tanが・・・・_| ̄|○

アタシの記憶が確かならば(その可能性はかなり低い・・・ケド)、高校の時は sin cos より先に tan を教わったような・・・
数学オンチに言わせれば、tan は最後にしたほうがいいと思う。

sin と cos は入れ替えて考えられるけど、 tan は違うからな~ (-"-)(-"-)(-"-)


この本には「tan は直角と覚えておく」って記述があって、それも謎~!!!
「そんなん知らんかったわ!!!」ってなって・・・・
毎回、このあたりで挫折・・・_| ̄|○

 (?´・ω・`)ナニナニ  (?´・ω・`)ナニナニ  (?´・ω・`)ナニナニ

進まね~~~~!!!


今回、別の本2冊読めば、ちょっと直観が閃くようになって、解るようになるかなぁ???


因みに、この「『sinとcos超入門』を最後まで読む」は100の目標の一つに入ってマス。(^_^;)
がんばって読む~!!!


+++++++++++++++++++++++++++++++++

朝から雨がしっかり降ってる・・・・(T_T)

ホームでの開幕戦やのに・・・(T_T)


がんばれマリノス!!!!




007 白紙委任状 [book]

51sXHPyI5zL._SX230_.jpg

007 白紙委任状
ジェフリー・ディーヴァー

世界最高のサスペンス作家が、世界最高のヒーローを描いた。

らしいよ。(「ジェフリー・ディーヴァーって?」まったく知らなかったアタシが読みました)

007は映画でしか知らないけど、小説でも十分楽しめるってことが解ったのが収穫。
舞台がセルビア~ロンドン~ドバイなどどんどん移るのも、世界を股にかけるオトコにふさわしく、楽しい。

廃棄物処理施設のことが出てくるんだけど・・・
それが結構怖くて・・・(((((((;´д`)))))))

男子にはオススメな痛快アクション小説。ってところか。


女子が楽しめるかどーかは知らん。(アタシが面白いと思っても殆どの女性に受け入れられないものが結構あるからなぁ・・・)


おおきく振りかぶって [book]

RIMG0995.JPG

おおきく振りかぶって」の17巻、先日購入。

買ってすぐ読んで、今日またちょっと遡って読んだ。
やっぱ面白い♪

高校野球のマンガ。選手は全員1年生で監督は女性というチームが主役。

ウジウジしたピッチャーとか、抜群の運動センス(野球センスかな?)の持ち主とか、高校から野球始めた子とか、チームメイトも面白いし、その家族や対戦チームの人物も興味深い。

練習方法も科学的(?)な感じがしてとても面白くて、感心しながら読んでる。
アタシは精神論より、科学的な根拠に基づいて肉体や精神の強化を図る方法に興味がある。


アタシの行った高校には野球部がなかったけど、あったら絶対応援しただろうなぁ。
っとか、思ったりしながら読むのも楽しい。

話はすごく面白いんだけど、絵がちょっとアレなので、顔が同じに見えて誰が誰か解らなくなるので集中して読まなければイケナイ。(まぁリアルにおいても、アタシの顔識別能力の低さはちょっと異常なので個人的な問題かもしれないケド)


そう言えば、今年は野球観に行ってないなぁ。
このままシーズンが終わってしまいそう。


サッカーはマリノスの試合、結構観に行ったんだけどなぁ。。。
先週、横浜球場行けばよかったかなぁ。

来年は野球ももうちょっと見てみよう。
楽天vs日本ハムとか面白そうだ。(けど、仙台?札幌?無理?)
交流戦狙いか?
高校野球もいいかも♪


空に向けて高----くボールが上がるのはステキだ。





本の整理整頓 [book]

整理整頓はとことん苦手だ。

アタシの管理下のすべての引出しの中はぐちゃぐちゃ。
キッチンも食器棚も机もドレッサーも。
マヂでビックリするくらいぐちゃぐちゃ。

たまーに整理してみるけど、整頓が出来ないみたいだ。(他人事チック)

もう、自分についてはいろんな面で絶望してるから、今更悲しくもないけど、だからって「このままでいい」とも思っていないので・・・
年に何回か思い出した時に片付けようとしてみる。

まぁ、大した成果はあげられず、お茶を濁すに留まるワケで・・・
なんだかなぁ~(「なんだかなぁ~」じゃねーよ!)


それでも、今までなら「引越し」があった!。

整頓ができないアタシも「引越しを機会に整理する(捨てる)こと」で何とか乗り切ってきてた感がある。
それが望めない今後・・・

考えるだけで、暗い気持ちになる。。。


それでも、気持ちを奮い立たせて、溢れ出す本を整理整頓することにした。


整理中の本の一部。
RIMG0790.JPG


著者ごとに分けてみたり、色々作業しながら考える。



ウチはまだ本を紙媒体で読んでる。
iPadとかReaderとかKindleみたいな電子書籍は今のとこ利用していない。

紙は重いし、嵩張る。

けど、本はやっぱり紙で読むのが好きだから。


ってことで、がんばって作業。
まだまだ、ほんの一部だけど・・・(~_~;)

RIMG0793.JPG


だいぶ両腕が痛くなってまいりました。。。

ぐはぁぁああああ!!!

++++++++++++++++++++++++++++++++


今週のたなくじ。
RIMG0787.JPG

さっきスーパーでキムチ買ってみた。ヘヘ(^^ゞ






片付け中 [book]

RIMG0694.JPG

段ボール箱の中や本棚の奥から発見した文庫サイズのマンガの一部。
(小さいマンガはあんまり好きじゃないねんけど・・・)

「デビルマン」
「海のトリトン」
「鉄腕アトム」
「ルパン三世」

主題歌、歌える????



















どれもいい歌だね~♪♪
最後のヤツ、超カッコイイ!!!




ちょっと涼しくなってきたので、お部屋の片付けに着手。

やらねばならんのが、とにかく溢れ出している本の整理整頓。

今までは常に「また引越すんだから・・・」ってゆー事情があって、引越先に帯同すべく好きな本が段ボール箱に入ってて、そーじゃないヤツが本棚に収まって・・・


お気に入りの本達が放置されているとゆー、本末転倒な状態のまま推移中。(本だけに)


引越がもう無いのなら、ちゃんとしたほうがいいに決まってる。
ってことで、ようやくやる気を出して少しづつ片付け始めた次第。



「ちらっと」でもページをめくると、読み始めてしまう自分を止められないことを知っているので、本の整理整頓中は絶対中は見ない。


ってことで、画像の4つのマンガも超読みたいけど我慢。

特にトリトンが読みたい。


やっぱ午後ちょっと読もうかなぁ。。。(^^ゞ












積み上げる方式 [book]

RIMG0535.JPG


寝室のドアの裏に積み上げている白っぽい箱。






そう。漫画。コミックスっちゅーヤツ。








RIMG0537.JPG

みんな大好き 「ONEPIECE」







RIMG0538.JPG

今、アタシが激しくハマっている 「銀魂」









RIMG0539.JPG

鼻が尖がり過ぎなので有名な・・・ 「カイジ」





・・・・まぁ・・・コレは・・・怖過ぎてアタシは読んだことないんだけどな。










・・・って具合に、ちゃんと仲間ごとに収納している。(当たり前)




ちなみに、一番下のほうは「エロイカより愛をこめて」と「聖おにいさん」の詰め合わせ。






今、ココに8箱写ってるけど、あと8箱ある。
「DB」や「SD」や「HのK」や「USYら」など。




1箱に26冊前後入る感じ。
読む時は箱ごとリビングに持って行く。

ほこりがつかないし、よれないから気に入っている。






そー言えば、この箱の8段重ねは震度5強に耐えたよ。
えらかったなぁ~










それにしても、「ONEPIECE」と「銀魂」を合わせたら100冊以上になるなんて・・・

絶対秘密にしておこう。(誰にだよ?!)







+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨日アップするの忘れた、今週のたなくじ。

RIMG0513.JPG


昨夜はお月さん、キレイやったよね~

アタシのカメラでは全然きれいに取れないので、きれいに撮ったヒトの動画を。







動画である必要はどのくらいあるか不明であることを申し添えます。








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。